90年代R&Bリバイバル、Rèignがいい

8efdae_388ce8f1688848f987a04f3d02fd3590_mv2.jpg

ジャンルレスが叫ばれる中、ここまで90年代R&Bを再現するのは相当な覚悟がいるのではないかと不安になるくらいの完成度を見せつけたRèignが2019年6月にリリースした1枚目のアルバム『Ii, Say That.』。4人のハーモニーは言うまでもなく、懐かしの楽曲からのサンプリングでノスタルジックな気持ちに勝手になりながらも、随所に盛り込まれた、今の女の子の日常を劇場化した歌詞にも、心を掴まれた。歌詞自体はどうってことないのだけど、ライミングの言葉遊びが聴いていてくすぐられるし、心地よい。というか、Destiny’s Childしかり「男と女のラブ・ゲーム」的な歌詞ばかりなのはなぜ?でも聴いちゃう!なので歌詞の内容はくだらないっちゃくだらないし、新しい試みかと言われるとその要素はゼロに近い。でもメンバー個々のスキルの高さには頭が下がるし、粋なリズム感にも耳を掴まれている。

そういった90年代R&Bを真っ向から踏襲しつつも、近年のインターネット・ミーム(“Draggin’ It”のサビ《Eyebrows on fleek》)を引用したり、フェイスタイム、DM等々、あの頃はなかったものが歌詞に出てきて、現代と90年代を行ったり来たりで忙しい。

同アルバムのマスタリング完了後の視聴会の様子っぽいVlog。

Rèign(レイン)は4名のシンガー、Kae Olivia, Kenzie, D Lynnai, Miqāa ELで構成されるグループで、同アルバムはAllepac Recordsというニューヨークのインディー・レーベルからリリースされている。


2018年末にレーベル公式チャンネルに投稿されたVlogにはRèignがステージで踊って歌う様子も映されている。途中で彼女たちの楽曲でもサンプリングされているLil Mamaが登場するのだけど、どういう繋がりなのかは不明。


Hi-Fiveの“She's Playing Hard to Get”をサンプリングしたファースト・シングル“REASONS”を2018年8月4日にリリース、その後Lil Mamaの“Lip Gloss”をサンプリングした“Hard to Get”などをSoundcloudで公開し、今年の6月にファースト・アルバム『Ii, Say, That』をリリースした。レーベル名で調べてもFacebookページが出てくるくらいで(しかも近々の更新はない)、情報という情報がインターネットには今の所はない。ただYoutubeでのVlogは他のSNSに比べて情報があった。

余談だけど、日本でも流行ったポップ・アーティストのR&B(例えばBoAの2000年ぐらいの楽曲や安室奈美恵のCAN’T SLEEP, CAN’T EAT,I’M SICKあたり)を無性に聴きたくなった。