ハブセンター/HAB CENTER

IMG_4880.JPG
IMG_4917.JPG
IMG_4879.JPG
IMG_4922.JPG
IMG_5148.JPG
01.jpg
03.jpg

前田ユキ個展「ハブセンター」
会期:2017年12月12日(火)-2018年1月8日(月) 
会場:中目黒Solfa「ナオナカムラ」
東京都目黒区青葉台 1-20-5 oak build. B1
開場時間:Solfa営業時のみ 
入場料:日ごと、開催されているイベントごとに異なります

http://naonakamura.blogspot.jp/

12日(火)17:00- オープニングレセプション

※開場時間、入場料はSolfaのウェブサイトよりご確認ください
http://www.nakameguro-solfa.com/

【関連企画】
オープニングレセプション
日時:12月12日(火)17:00-
入場料:1,000円(1ドリンク込)

<DJs>
原島”ど真ん中”宙芳
花梨
トドクロ
SUPANQ BANQUE
BGKNB
JNYA(SEXULNOISE)

<VJ>
青椒肉絲

「ハブセンター」プレスリリース

この度、中目黒にありますSolfa「ナオナカムラ」では、前田ユキ個展「ハブセンター」を開催いたします。

前田ユキは、1992年福岡県生まれ。2016年、武蔵野美術大学映像学科写真専攻を卒業しました。
2015年には「第21回学生CGコンテスト」へノミネートされ、現在はアーティスト集団「Chim↑Pom」のアシスタントを務める傍ら、写真作品や映像作品をメインに発表しています。
今展は彼女にとってグループ展「反逆する風景」(2016/ナオナカムラ)以来の発表であり、ナオナカムラでは初めての個展になります。

2016年の夏、前田は約10年ぶりに母の実家がある鹿児島県の奄美大島を訪れました。
かつて、約8年もの間アメリカの統治下に置かれていた複雑な歴史や、昔から変わらない山と海の広がる亜熱帯の豊かな自然、島唄や大島紬など独自の文化からなる奄美大島で、ノスタルジーに浸る間もなく、10年前とは変わってしまった自分への冷たい眼差しに気づかされます。

「日々酒を呑んではクラブで踊り明かすような典型的な『島の女』である私が、約10年ぶりに島に行った。(中略)観光と里帰りという両極端の立場を持って訪れたら、あるはずも無い居場所のなさに気づいた。」(作家ステートメントより抜粋)

本展覧会では、前田が日常的に足を運ぶクラブを会場にして2016年から2017年に奄美大島で撮影した写真作品で構成し、作品からはどこか他人事のような寂しさと、それを見つめる冷たい眼差しを感じます。

展覧会タイトル「ハブセンター」は、奄美大島に生息する猛毒をもつ“ハブ”と、仲間はずれを意味する若者言葉“ハブ(る)”に由来します。

アメリカの統治下にあり日本本土から切り離されハブられてきた負の歴史をもつ奄美大島を舞台に、前田自身がそんな故郷から持ち帰ってきた居場所の無さを彼女の居場所の一つでもあるクラブカルチャーにのせます。音楽と酒が飛び交う会場で、本来あるはずの無い自然の風景が共存する不自然さは、作品自身(=作家自身)の居場所の無さを際立たせ露呈します。

故郷を舞台にしたプロローグとなる前田ユキ個展「ハブセンター」をこの機会にどうぞご覧ください。

また、展覧会初日である12日(火)17:00より前田と親交の深いゲストを迎え、オープニングレセプションを開催いたします。
 

YUKI MAEDA solo exhibition “HAB CENTER”
Tuesday 12th Dec. 2017 – Monday 8th Jan. 2018
Venue : Nakameguro Solfa “NAO NAKAMURA”
5-20-1 Aobadai Meguro-ku Tokyo oak build. B1
Time: Operating hours vary depending on the Solfa’s event schedule
Check the schedule from nakameguro-solfa.com
Fee: Depends on the Solfa’s event, please check the fee at nakameguro-solfa.com

Opening Reception
Tue. 12th Dec. 5pm- 

Contact: nakamuranao19900715@gmail.com (Nao)

http://naonakamura.blogspot.jp/


< RELATED EVENT>
Opening Reception
Tue. 12th Dec. 5pm-
Fee: 1000yen (including one drink ticket)

-DJs
Michiyoshi “DOMANNAKA” Harashima
Karin
Todokuro
SUPANQ BANQUE
BGKNB
JNYA(SEXULNOISE)

-VJ
Qingjiao rousi

We are pleased to announce Yuki Maeda’s exhibition “HAB CENTER” at Nakameguro Solfa “NAO NAKAMURA”.

Yuki Maeda was born in 1992, Fukuoka and graduated from Musashino Art University, Imaging art and science department.
In 2015, she became a nominee of 21th Student CG competition. Now she make works mainly with photography and video besides being an assistant of an artist collective “Chim↑Pom”. This is her first solo exhibition at NAO NAKAMURA and since the group exhibition “Treasonable Landscape” in 2016.

In summer 2016, she visited Amami-island, Kagoshima where her mother was born for the first time in 10 years.

She realized icy stares toward her self who had changed from 10 years ago before she can even feel nostalgic about Amami where has a complex history which had been under the rule of the United States once for about 8 years, a rich natural subtropical, clear sea and sylvan mountain that has not changed since the past and an original culture such as Shima songs and Oshima Tsumugi.
"I, who always drink and hang out at music clubs and became a typical “island woman” , went back to the island for the first time in about ten years, (...) When I visited with both sides of sightseeing and returning home, I noticed the absence of an unlikely whereabouts. "(Extracted from author statement)

In this exhibition, she composes photography taken from 2016 to 2017 in Amami and set in a club where she often hangs out. There is an existent of icy stares to look at someone else’s loneliness in this work. 

The exhibition title “HAB CENTER” means a deadly poisonous snake that lives in Amami and also Japanese slang “habu(ru); ostracized”.
She puts the lack of whereabouts brought back from home where has a negative history that is separated from own country and under control of America on the club culture where she can feel she belongs there. At the site where music and drinks fly, an awkwardness that is coexistent with nature landscapes that should not be there originally emphasizes and exposes the lack of whereabouts of the art work (=artist herself).

We would love you to come to see Yuki Maeda’s solo exhibition “HAB CENTER” as prologue based on her home. Also we will have a opening reception on Tuesday 12th December 5pm- with her DJ friends who met at Tokyo club scene.